中途採用の転職活動という言葉もあるほど今では転職するために企業の面接を受けたり、さらには転職エージェントに依頼して転職先を探してもらうことが普通になっています。とはいえ、ただ今の職場に不満があるから転職したい、もっと待遇のいい勤務先に転職したいという理由だけで転職活動をするのであれば、ちょっと危険です。今日は、転職活動の前に考えるべき3つのことを記したいと思います。

まず、最初に考えるべきことは自分には何ができるかということです。転職する先が現在の仕事内容と近いのであれば、具体的に何ができるかを考えやすいと思います。とはいえ、転職先の仕事内容が今と関係ない場合にはなかなかイメージしにくいかもしれません。そこで、できるだけ転職先の仕事を調べて、その中で自分なら何ができるかを考えることは非常に大切です。

次に考えることはどんな仕事をしたいかということです。先ほどの内容とも近いですが、転職先の職場で何がしたいかというアピールを具体的に考える必要があります。最後に考えるべきことはその転職先の企業にどのようなニーズがあるのかということです。つまり、転職先の将来性も考えておくことです。

このように3つの点を転職前に考えるようにしましょう。そして、ただ考えるだけでなく、できるなら紙に書き出して整理しておくことが重要です。まとめておくなら、転職活動の面接でも答え一つ一つに力や説得力が増します。つまり、自然と面接対策ができアピールできるようになるのです。

それなら中途採用の面接質問のホンネとはも参考に、より自分にメリットのある転職を叶える事をおすすめします。

一般的に転職をするなら在職中にするのが理想とされています。これは確かに正しいのですが、だからといって絶対にそれを守らなくてはいけないという訳では無いと感じます。といいますのも、転職では少なからずスピードも重視されます。どの企業でも採用枠というものが存在します。その為在職しながらですと面接日等の調整が合わない事もあり、中々スピーディーに選考が進められないという事があるのです。特に一般的に転職の面接回数は2回という事が多い為、休みの日だけですと予定が合わないという可能性が高くなるのです。更に2回目となると会社でもある程度地位が高い方との面接の場合が多く、相手も忙しいので自分の希望通りに面接ができるとは限らないのです。そうなるとどうしても他に面接をしている人達の方が有利となってしまいます。そうこうしている内に採用枠が埋まってしまい、面接自体を受ける事ができなくなって募集が終了してしまうという事さえあるのです。在職しながらだとそういったデメリットがあるのです。

だからといって有休を使用して面接に行ったとしても合格を約束されたものではないので、中々有休を使用してまではというのが実情です。むしろ会社によっては有休すら使えないという空気の企業が日本には沢山ありますので在職しながらの転職は困難を極めるのです。それ以外でも土日休みの会社に勤めていると、企業の面接も土日は休みの事が多く面接に行く事すら困難になってしまうのです。そうなるともう最初から転職するチャンスすら少なくなってしまうのです。だからといって容易な退職はお勧めできませんが、ある程度の自信と用意があるのであれば退職してからでも十分に転職は可能だと考えます。

非正規雇用から転職をすることになった場合、雇用形態の選択肢はいくつかあります。アルバイトやパートの他にも派遣を利用することも出来ます。派遣というのは派遣社員であり契約社員でもあります。契約社員は自分が働く職場と直接契約することを指すことが多いですが、派遣の場合も派遣会社と契約をするので契約社員と呼べます。基本的に非正規雇用で転職をするなら派遣を利用しておきましょう。派遣を利用しますと高時給で仕事を見つけやすくなります。どんな職業でもかなり特殊な職業を除けば、派遣から仕事を見つけることが出来ます。資格を要する専門職の場合でも、それぞれの専門職における専門派遣会社があるので覚えておいて下さい。同じ非正規雇用でも、時給が高い方が確実に有利となります。また、派遣を利用するメリットとしては時給以外にも仕事を見つけやすいというメリットもあります。派遣を利用して働く場合、仕事探しは派遣会社に任せることが出来ます。派遣会社が持っている案件の中から好ましい仕事を見つけることになるので、派遣会社がどんな案件を持っているのかによって転職が決まってきます。他のメリットとしては、面接をパスできることも挙げられます。通常なら必ず面接が行われますが、派遣の場合は面接無しで就労先が決まることも良くあります。同じ非正規雇用でも派遣の場合は上記のように様々なメリットがあります。一つの仕事の探し方として派遣を活用してみて下さい。そして紹介予定といって、正社員での中途採用にもつながりやすいです。

パソコンを趣味としている人がいます。そのような人はパソコンの扱いに非常に詳しく、尚且つかなりマイナーな知識を習得している場合があります。趣味の一環であり、このような知識を仕事で活かすことなどできないと感じているために、IT業界への転職など考えたことはないという人は少なくないことでしょう。しかしそのような知識が中途採用に大きくアピールになることがあります。

インターネットの普及により、自宅で仕事や買い物を行う人が急激に増えてきました。そのような状況に伴い、様々な形でのネットサービスの需要も急激に増えているのです。そのため以前ではあまり必要とされていなかった知識が、多くの会社によって必要とされるようになりました。これまで社会に馴染めず、自宅でパソコンばかり操作していた人の中には習得した知識を活かし、今現在会社で活躍している人もいます。

多くの会社はこれから様々な知識やスキルを習得する期待の若手を採用するよりも、即戦力となれる人材を求めています。そのためすでにパソコンに関する知識を得ている人が重宝されるケースが多々あるのです。もし自分がすでに習得している知識を活かして仕事がしたいと思うなら、求人募集を行っている企業がどのような知識やスキルを有している人を欲しているのかを細かく調べるようにします。「・・・について詳しい人」とか「・・・の使用経験あり」といったような文章などが載せられており、それが自分にマッチしていると感じるなら、面接を受けることができます。

中途採用で転職をするうえで避ける事が出来ないのが、面接です。その時質疑応答に先がけて、面接担当者があいさつのように投げかけてくる質問があります。それにどのように答えるのか解説します。

・場所が分かりにくかったでしょう?にどう答えるか

 面接担当者があいさつ代わりにする質もんは軽い話題が出てくるのが一般的です。例えば天気が悪い日なら「こんな日にご苦労かけます。外の雨の様子はどうでしたか?」など、出向いてくれた事に対しての感謝とねぎらいを添えて質問をしてきます。こうような質問の意図は応募者の緊張をほぐそうとしているのです。言ってみれば面接担当者の歩み寄りの質問ですが、結果としては日常のビジネス場面でもよくある初対面の相手への対応力や、また社会人としての基礎力がはかられる所でもありますから気を抜けません。

 当然「はい」「いいえ」などと応えるだけではダメです。面接担当者の歩みった質問やジョークに対して笑顔の一つも見せずに、固まった杓子定規な対応をしていては、コミュニケーション力に疑いを持たれます。

・回答しつつアピールする例

 「いいえ、御社のホームページにある案内図と地図を頼りに参りましたから、すぐに分かりました。遠くからもビルの屋上の看板が見えましたから、迷いませんでした。」例えばこのように答えましょう。初回の訪問先であれば、事前に場所を確認して社会人としての常識でもある自主的な行動スタイルを伝えるようにしましょう。転職の面接時にはいろいろな事を聞かれますが、何気なく投げかける質問には気を抜かないようにしましょう。

No newer/older posts