中途採用の面接時に場所が分かりにくかったでしょう?にどうPRして答えるか

中途採用で転職をするうえで避ける事が出来ないのが、面接です。その時質疑応答に先がけて、面接担当者があいさつのように投げかけてくる質問があります。それにどのように答えるのか解説します。

・場所が分かりにくかったでしょう?にどう答えるか

 面接担当者があいさつ代わりにする質もんは軽い話題が出てくるのが一般的です。例えば天気が悪い日なら「こんな日にご苦労かけます。外の雨の様子はどうでしたか?」など、出向いてくれた事に対しての感謝とねぎらいを添えて質問をしてきます。こうような質問の意図は応募者の緊張をほぐそうとしているのです。言ってみれば面接担当者の歩み寄りの質問ですが、結果としては日常のビジネス場面でもよくある初対面の相手への対応力や、また社会人としての基礎力がはかられる所でもありますから気を抜けません。

 当然「はい」「いいえ」などと応えるだけではダメです。面接担当者の歩みった質問やジョークに対して笑顔の一つも見せずに、固まった杓子定規な対応をしていては、コミュニケーション力に疑いを持たれます。

・回答しつつアピールする例

 「いいえ、御社のホームページにある案内図と地図を頼りに参りましたから、すぐに分かりました。遠くからもビルの屋上の看板が見えましたから、迷いませんでした。」例えばこのように答えましょう。初回の訪問先であれば、事前に場所を確認して社会人としての常識でもある自主的な行動スタイルを伝えるようにしましょう。転職の面接時にはいろいろな事を聞かれますが、何気なく投げかける質問には気を抜かないようにしましょう。